2006年10月11日

プラネットアース(再)

NHKとBBCの共同製作による素晴らしき自然番組ですな。
その再放送が、今先ほどまでやっておりまして。
いやいや、自然もさることながら映像もスバラシイです。
よくぞこんなものを撮ったな、というシーンが盛りだくさんにございますわ。
DVDレコーダーに録画しておいたら、ハードディスクの容量が足りずに30分ほど録画することができませんで。
たまったもんじゃありませんな。

そんなこんなで、プラネットアースを見ていたわけです。
その中で、自然番組には良くあるヌーの大移動のシーンが出てきまして。
何度見ても圧倒されるその迫力と雄大さに思わず見入ってしまったのです。
が、そこでふと気づきまして。
ナレーションでは、約200万頭のヌーが大移動しているといっていたのです。
しかしながら、東京の平日、オフィスに集まっている人間はどのくらい居るのだろうかと。
丸の内やら有楽町やらのビルなどをすべて透過させて、その映像を撮ることができたのであれば、それはヌーの大移動もしくはそれ以上の迫力および感動を呼び起こしてくれるのではないでしょうか。

プラネットアース〜働く人々〜
第二週・日本の企業戦士たち。

こんなのは、いかがでしょうか。
posted by 雑貨売り。 at 01:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 空想だったり妄想だったり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。