2005年09月08日

台風一過の空だから。

実際には、台風は日本海側を通過していったために強風域にかかっていたというだけのことなのですが。
それでもまぁ、台風一過としておきましょう。
そんな台風一過の後、夕方自動車学校から帰るときに不意に空を見上げたわけですわ。
高い空に走る、薄い白い雲。
それに暖かいオレンジの光を染め、空はなんとも言えない蒼をかもし出し、細い三日月と共に一番星が光りだす。
まさに、そんな感じの上空でしたわ。

残念ながらカメラがなかったため撮影は出来ませんでしたが、本当に感動するくらいきれいな空でしてな。
母が言うからには、あの空の蒼はダヴィンチの最後の晩餐のキリストが着ている服の蒼だ、だそうです。
自身にはよくわかりませんが。
多少でも情景が浮かんだのであれば幸いにございます。
あんな空に出会うことは、このあと幾ばくあるだろうかなぁ。

posted by 雑貨売り。 at 02:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。