2005年11月23日

仮に、世界がビーバーに支配されたとしよう。

ビーバーがとことんダムを作る。
もうイヤというほど、熱帯雨林がなくなってしまうんじゃないかってくらい、ビーバーたちがダムを作る。
いつの間にかビルとかも破壊しながら、とことんダムを作っていく。
いつの間にか海より高い水位までダムの水かさが増して、東京なんかは都庁の頭が見えるかどうか位のところまで水浸しになる。
当然、そこには二つの大きなビーバーの巣。
そのころになるともう一匹あたりの総面積が多くなるから、ビーバー巨大化が始まる。
一ビーバーあたり2、3メートルとか。
で、人間達はあいも変わらず仕事してたり、社会問題起こしてたりする。水中で。たまに水の上にも出たりもして。
でも、ビーバーには無関心。
支配されてるにもかかわらず、その事にも気づいていないし、ましてや所詮ビーバーだからといって邪魔にでもならない限り無視し続けている。
いつの間にか、水中で暮らす事を余儀なくされているのにね。
そんな事を考えてみたり何なり。1文にもなりませんな。
……海水適応型ビーバーって、いないかなぁ。
posted by 雑貨売り。 at 01:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 空想だったり妄想だったり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。