2006年04月06日

太陽公園。

一瞬、大阪万博の跡地かと思い浮かべてしまうこの名称、実は太陽の塔もなければ大阪にあるわけでもございません。
本日、友人からこの公園の存在を告げられ、非常にカルチャーショックを受けた所存にございます。
なにやら兵庫県は姫路市にあるといわれるこの公園、何がそんなにすごいかと言われれば、そのいかがわしさです。
まずコンセプトとしては世界の有名なところを集めてミニチュアにするという、なにやら東武ワールドスクウェアに似ている物があるのですが、これがあけてビックリでして。
簡単に言ってしまえばアバウト。なんかもういい加減を突き詰めたくらいにアバウト。
一つ例を挙げてみれば、ギリシャの有名な物として小便小僧がやたらと置いてあるという始末です。
中国の兵馬俑などは一見素晴らしそうに見えたりしますが、万里の長城が無駄に二キロもあったり、世界中の怪しい石像が並べられたり、ツタンカーメンの仮面が微妙すぎたりと様々な混沌が詰まっていそうな、非常に心そそられる公園なわけにございまして。
もちろん、自身が言った事があるわけではございません。
友人とネットで調べた画像をもとにこの文章を書いているわけでして。
いやいや、それにしてもものすんごい興味をそそられている自分がここにおりますわ。いつか行ってみたいものです、太陽公園。
是非に、皆様もパソコンを起動させた際には、検索ワードに太陽公園と打ち込み、その内容物をご確認くださいませ。

横浜市近郊にお住まいで太陽公園まで一緒に行ってくれると言う方、どなたか付近におりませんかな……。
posted by 雑貨売り。 at 00:39| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

えろJAPAN

本日のサッカーの試合にございます。
テレビ中継で応援席が映された時、幕だったかパネルだったかで「燃えろJAPAN」という文字をサポーターの皆様が持っていたわけですよ。
しかしそれがカメラの都合で見切れていて、一部が消えていたわけなのですね。
結果、

「えろJAPAN」

となっておりました。
よりにもよってのえろJAPANです。
全国のお茶の間に向かってえろJAPANです。
しかもその映像が数秒間その位置で固定されていたということは、つまりはそのカメラマンが意図的にえろJAPANを切り取っていたと想像できるわけでして。
恐らくそのカメラマンはスパイであり、日本の権威を失墜させようとしていたのではないかと。
恐るべき罠ですな。
せめて、この放送が日本国内だけであった事を祈りつつ。

追伸。
実は、ナルニア国物語と有頂天ホテルをごく最近見てまいりまして。
いや、両方ともなかなかでございましたな。
おもしろうございました。
まあ見てそんはないと思うので、興味のある方はどうぞ。
posted by 雑貨売り。 at 02:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

君は人のために死ねるか。

昨日一人の男が死んだ。
戦って戦って、ひっそり死んだ。
アイツは何のとりえも無い、すかんぴんな若者だった。
しかしあいつは死んでいった。
熱い涙を。
戦って死ぬ事をどうして死んだのかとは、
聞かない、聞かないでもアイツの青春は、
どこへ、どこへ埋めてやればいい。
君は人のために死ねるか。
君は人のために死ねるか。
アイツの名は、ポリスマン。

おおよそ、こんなような歌詞なのですが。
刑事魂(デカコン)というCDに入っている曲なのですが、いかんせん歌詞カードをコピーし忘れ、しかもCD容量ぎりぎりだったらしくCD−Rに焼いた物の中には題名が入っておりませんで。
どなたか、この歌の題名をご存知の方はいらっしゃりませんでしょうか。
もし教えていただけた場合には、報酬はございませんが、ささやかなる優しい気持ちをかもし出させていただきます。
posted by 雑貨売り。 at 23:40| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

夢から起きようとする夢を見る。

起きなきゃ、起きなきゃと言う意志と、それに反発する眠気のなせる業ですな。
よく、二度寝したときなどに起こります。
夢の中では何度も起きようとしてベッドから立ち上がるのですが、異様に頭が重く、そしてくらくらするのです。
で、もう口なんかあきっぱなしの頭ががっくんがっくん言っている状態で、なんかもう上しか見れないような状況にて扉に向かっていくのです。
しかし扉にたどり着く前に意識が飛び、そしてまたいつの間にかベッドの中へ。
また起きようとして、先ほどの経験を活かし、がっくんがっくんの頭を床に向けながら、ミイラのごとく足を引きずり扉へ向かうのですが、いつの間にかパトラッシュ君のお迎え。そしてベッドの中。
そんなことを何度も繰り返して、やっとこさ起きるという事がよくあります。
一回起きたら、顔でも洗って、意地でも起き続けようとする根性が必要ですな。
早寝……は少しきついかもしれませんが、何とか早起きだけは、しっかりとしていきたいと思いますわ。
posted by 雑貨売り。 at 01:02| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

腰振りグッパー。

足を肩幅に開き、自分の好きな音楽にあわせて腰を振り、そのタイミングで体の前で手をたたく。
腕を動かし、手を打ちに行く時は平手で、手を離すときは握りこぶしで胸を張るようにして。
これを毎日三分間、つまり大体一曲分やるとかなりの運動になるそうです。
しかもリズムに乗るようにしてやるために、ノリノリでウォーキングより義務感がなく疲労感も少ないとのことで。
早速やってみました。

……楽しい。

思わず四曲分、約十五分間やっておりまして。
しかも割りとペースの速い曲で。
最近運動していないがために、動悸もかなり上がってしまいましたが、それでも爽快感。
バスケなどのスポーツをやらないと得られないと思っていた感覚がえられたような感じがして、大変気に入ったわけにございます。
しばらく、続けてみようかと。
体力回復は……見込めないかも知れないけど、運動不足は回復できるはず。多分。
posted by 雑貨売り。 at 00:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

相撲が面白い。

見て御覧なさい、ほら。
深夜の再放送なんて、仕切りの時間をカットしてやってくれるからモノの三十分で幕内のすべての取り組みが見えますのよ。
そんなわけにて、いま相撲が面白いのです。
栃東やら朝青龍やら琴欧州やら北勝力やら、熱戦が繰り広げられているのです。
ところで、最近の子供は相撲に関心を持たなくなったようで。
そりゃあ、野球はもとより、人気のサッカーやらバスケ、柔道剣道などなど、日本には魅力的なスポーツがそこかしこで出来る時代です。
それに比べ相撲はといえば、裸のおデブ様たちが、むさくるしく暑苦しく、やれ押し出しだのやれ上手投げだの、何秒もしない勝負でつまらん事をやっているわけです。
そんなもんだから、相撲なんてつまんないし、やりたいとも思わないし、格好悪いし、デブだし、裸だし、そんなことしてる暇があったらボールと友だちになるかゲームをやるか、私立に行くために勉強するというのがいまどきの子供なのでしょう。
だがしかし、はっきりいう。
少年達よ、相撲は面白いぞ。
仕切りからの内面の駆け引き、立会いの緊張感、ぶつかった時の一瞬の駆け引き、寄るか投げるか突くかいなすか。
力と技と、そして心の勝負があのわずか数秒という時間の中に凝縮されているのです。
嘆かわしや、いま相撲界は外国人力士達が主役となっております。
それは彼らが相撲を愛し、相撲にすべてをかけ、相撲で自分はやっていくんだという気持ちが備わってるからです。
さらにいえば、朝青龍や黒海など、彼らは柔道やレスリングで国の代表にまで選ばれたことのある人材なわけです。
それに比べ、いまの日本に、そこまでストイックに、国や家族を背負いつつ、高い身体能力を備えた相撲を愛して止まない人材はいるのでしょうか。
はっきり言って、そこまで揃っていれば、その少年は確実に野球やサッカー、柔道などに流れていくでしょう。
豊かになったことで、日本の国技が廃れてしまうのでしょうか。
別に、あなたの息子を力士に仕立て上げてくださいなどとはいいません。
ただ、そんないまだからこそ、改めて相撲の面白さを、あの一瞬の格闘技の面白さを再認識してください。
相撲に対する考え方を変え、心から相撲を楽しめる人になってください。
それが、切なる願いです。

……何を言っているのでしょうかね、自分は。
posted by 雑貨売り。 at 02:34| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

中村屋にラーメンを食いに行く。

ええ、あの若き天才がどうのこうのとか言うラーメン屋です。
存外近くにあります。
平日の昼を少し外せば全く並ぶことなく着席できるので、のんびり車を運転練習のような気持ちで走らせつつ、食べに行ってまいりました。
そしたら、店内でスキージャンプペアのDVDが再生されておりまして。
若き天才が目の前で天空落しと名づけられる湯切りをしているにもかかわらず、自身はスキージャンプペアに見入っておりました。
湯切りを見るより、そっちの方が楽しいのですもの。
で、出来上がったラーメンを食し、スキージャンプペアに目をやり、そして店をあとにしました。
中村屋のラーメンはかなりおいしいのですが、それでもやはりラーメンです。何時間も寒空の下に並んで食べるほどの物ではありませんわ。
それでも食べてみたいという方は、平日の2〜3時ごろに行けば、確実にすぐに店内に入れますので、その時間帯を狙う事をお薦めいたします。
……右の鼻が異常に詰まっていてなんだかやるせないです。
posted by 雑貨売り。 at 00:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

今年も事収め。

年の瀬です。
紅白です、格闘技です、宇宙人がいるかいないかの大論争です。
そんなわけで、今年も終わっていくわけです。日付も変わり、もう31日です。
今年一年を振り返れば……まあそんなもんですが。
駄文。の更新もほぼ滞り、皆様の元から無い期待をさらに地におとしめた訳ですが、来年こそはまた活動的にあっぷあっぷしていけるよう努力いたします。
きっと空も飛べるはずです。ええ。
来年一年が皆様にとっても自身にとっても、無駄や紆余曲折やちょっとした冒険などが潜みつつも充実しているという実感がある一年でありますよう。
幸せになれなんて大胆なことはいえませんが、小さな幸せがあなたに囁きますように。
では、犬に追い立てられる鳥を横目に見ながら。
よいお年を。
2005年、12月31日、雑貨売り。
posted by 雑貨売り。 at 00:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

ALWAYS〜三丁目の夕日〜

遅ればせながら、本日見に行ってまいりました。
いや、自身は感動物の映画などを見ると、結構斜に構えてどうせうんぬんかんぬんと高をくくってしまうのですが。
これは違いましたな。引き込まれました。
面白い、そして感動いたしました。
昭和三十三年といいますと、ちょうど両親の時代にございます。
そんなことも考えながら、柄にも無くぐっと来てしまいました。
もう公開しているところは少ないやも知れませんが、ALLWAYS〜三丁目の夕日〜、是非ともご覧くださいませ。
お勧めにございます。
posted by 雑貨売り。 at 01:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

のっぽさんが。

のっぽさんがのっぽさんでのっぽさんです。
知っている人は知っている。あののっぽさんです。
NHK教育テレビの、子供の頃一回は見た事があるだろう番組「できるかな?」の、あの無口で何も喋らずにしかして何でも作り出してしまう長身のおじさんことのっぽさんです。
あののっぽさんが、なんと「みんなのうた」で、歌って踊って語っています。
なんでもノッポさん、すでに齢71だとか。
しかしそんなのは全く感じさせない軽快なステップと、なぜ「できるかな?」時代に喋らなかったのかと疑問になるようなスバラシイ声を披露してくれております。
詳しくは、まだ配っているかどうかわかりませんが、今週号のR−25まで。
ノッポさんが歌うみんなのうた「グラスホッパー物語」。どうやら一月まで流れるようです。
何気なく見た新聞欄で、みんなのうたがその時間にやっていたのであれば、是非に。
posted by 雑貨売り。 at 00:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ふと気づく。

最近の女子高生なり女子中学生なりは、黒のハイソックスをはいておりますな。
確かに、うちの姉さんが早くからルーズソックスが終わったら次は黒のハイソックスが主流になると予言しておりましたが……。
しかし、自身達の時代はモロにルーズソックス主体の時代だったのですよ。
右を見ても、左を見てもルーズソックス。
しかし、今はそっちの方が珍しくなってしまいましたな。
時代は流れる、置いていかれてしまった気分にもなりますな。
posted by 雑貨売り。 at 02:02| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

海賊版、ハウルの動く城。

実際に内容を見たわけではありませんが。
帰省中の兄が、どこから手に入れたかはわかりませんが、持って帰ってきておりまして。
中国だったか韓国のだったか、とにかくそれ製の、明らかにそれっぽいタイトルや印刷なわけです。
そして、パッケージの裏を見たらビックリ。
海賊版のDVDが出回っているので、お気をつけください見たいな事が日本語で書かれているのですが、それがどうにもおかしいのでして。

「ご注意。くだせい。」
「プロディーソー」

などなど、あまりよく見た訳ではないのでそこまで覚えてはおりませんが、とにかく酷いんです。
所詮は読めまいと、めちゃくちゃな文体でかかれているわけですよ。
日本人がみたら、本当に笑ってしまうような形で。
実際、笑いましたしな。もっとよくみておくべきだった。
しかし実際はさほど見れないほどの画像の乱れなどはないようです。
まぁ、それが正しい映画の見方かどうかは別としてですな。
自身は、また次の機会にレンタル店で安く借りてみようと思いますわ。
……そういえば、今日80円レンタルやってたなぁ。借りればよかった。
posted by 雑貨売り。 at 02:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

終了。

色々とね、終了したわけですよ。ええ。
やりきったといえばやりきりましたし、不完全燃焼といえば、不完全燃焼ですよ。

……えと、脚本を書いたんですわ。

しかもそれを、公衆の面前で、プロの役者さんに読んでもらった訳です。
リーディングってやつです。
自身にとっちゃ、初めてのことですよ。
こんな事象、滅多に起きませんよ。
で、結果は……あんなもんです。
全部読んだわけじゃありませんが、中だるみがありましてな。
一応、川村毅さんの演劇脚本講座ということでありまして、川村さんにも読んでもらいましたし、意見も色々聞けましたよ。
ついでに、以前渡してみた小説的駄文。のことについても聞く事ができましたよ。

川村さんからの助言:落ちが弱い。

いや、忌たんなき意見というわけでもなく、あくまで大あまで見てくれてそういう意見なのでしょうが。
その中でも、落ちの弱さが際立ったと。
これは、考えなければなりませんな。
ここで、踏ん張って、考えて。
出来るかどうかわからないけど、もう一歩上の階段に登ってみようかと。
果たして上れるだろうか。この根性なしのどうしょうも無い野郎に。
……まぁ、行ける所まで行ってみて、ダメだったらそのとき考えてみるさ。そうしよう。
posted by 雑貨売り。 at 02:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

巨人軍が。

信じられんとです。
野球のドラフト会議での話。
横浜ベイスターズに入団希望していた栂野という将来有望視されていたピッチャーをかっさらっていきました。
栂野さんは横浜と相思相愛の関係だったらしいのですが、今年から入ったウェーバーという制度によって、今年5位だった巨人が先に好きな選手を取れるようになってしまったのです。
本来、巨人はこの制度を使って越智さんという、巨人と相思相愛の早大のピッチャーを採る予定でした。
が。
補強のためといって、越智さんに他球団に入るようなら、社会人で待っててくれと言うコメントを残し、ウェーバーで栂野さんを指名する事を宣言。
それならばと横浜も仕返しとばかり越智さんを指名する事を示唆しましたが、早大は野球の名門、ここで越智さんと巨人の相思相愛関係を無視して越智さんを強引に指名すれば早大との関係が悪くなり、今後横浜に入りたがる選手がいなくなっては困るという事で、横浜はついに泣き寝入りをせざるを得ない状況になりまして。
明らかに戦力や資金力などが上回っているはずの巨人が両得、越智さんと栂野さんを獲得。
ただでさえ投手の台所事情が苦しすぎる横浜は、期待されていたはずのルーキーをものの見事に強奪される。
なんですかこれは。
もう泣きたくなってくるじゃないですか。
やっぱりもう、巨人は嫌いです。とことん嫌いですな、ええ。
posted by 雑貨売り。 at 01:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

先輩達はものっそいのです。

本日、なんとなしに去年にやった学生祭のストリートパフォーマンスのDVDを見直しました。
思わず、見入ってしまいましたわ。
いや、改めて見ると先輩達のすごさが本当によくわかります。
……それに比べて、こちらと甘すぎですな。
上に行こうとする精進がたらなさすぎですな。がんばろうか、自分。
とりあえず技術の向上を。
それ以前に現在の状況からの脱出を。
まだまだ人生長いんさ。これからが勝負だ。
先輩達に負けないよう……いや、それはちょっときついかもしれないけど、少なくとも同じ土俵に立てるくらいまでにはなってやろうじゃないか。
そこから、また自分のテリトリーを確立させていきたいと思いますですはい。
posted by 雑貨売り。 at 00:46| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

アレグリア2。

見てまいりました。
親御さんのお陰でSS席の券が割安で手に入りまして、家族といとこの子と一緒に行ってきたわけです。
……いや、マジで感動しましたわ。
アレはすごいです。一見の価値ありです。一見どころでなくありです。
ほぼ正面の前から六列目というものすごい恵まれた条件の中、目の前で次々と繰り出される幻想的かつ度肝を抜かれるようなパフォーマンスの数々。
世界を盛り上げるキャラクター、シンガー、クラウン、そして演奏者達。
いやいや、行っていいというなら間違いなくもう一回行きますよ、ええ。
うまく言い表せませんが、とにかくすごかったですわ。
首都圏近郊でまだご覧になっていない方々、是非にお薦めいたします。
なんていうか、内容は全く説明できないような状況なので、見に行ってください。
絶対に損はしませんわ。
あー、すごかったわぁ。
posted by 雑貨売り。 at 23:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

どうしたらいいもんでしょうか。

本日、大量に借りたDVDをツタヤに返却しにいったら、返却窓口に店員さんが立っていたんですわ。
で、その名前を見たら、中学の時の同級生だったんですね。
ただ、同級生ってだけでそこまで親交があるわけでもなく、顔見知り程度だった人なわけで。
さらにさすがに中学のころから比べると容姿も変わっており、それと同じ程度こっちも変わっているわけだから向こうがこっちに気づくわけもないと思いまして。
で、ちらちらとそっちを見ながらも、とりあえず声もかけずあまり目線もあわさず、そのまま確認が終わったあとすぐに立ち去ってしまったのですが。
なんかした方が、よかったのでしょうかねぇ。

こんな議題が上がりました。
『タマゴは、甘いのかそれとも違うのか』
えと、説明いたしますと、タマゴは『甘い』というのかどうかという問題でして。
タマゴの味に関する分析にございます。
タマゴのあの味を表現するのに、果たして『甘い』という言葉は適当であるのか否か。
そこら辺の意見を、皆さんにお聞きしとうございます。
なにとぞ、ご協力をば。
posted by 雑貨売り。 at 03:06| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

若干早めの日記ですが。

いやもうなんていうか、この感動を伝えたくて。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050928-00000405-yom-soci
大王イカですよ、大王イカ。イカサマ。
なんかもう、大興奮です。
八メートルが餌を食って足を切って逃げていったんですよ。
四時間も大王イカですよ。
それに16メートルのイカって、想像できますかい?
なんかもう、ほんと興奮状態ですわ。
いいなぁ、大王イカ。
いいなぁ、深海って。
一度この目で見てみたい……。
posted by 雑貨売り。 at 18:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

大人の世界ってものですかね。

本日、久々に東京に行ってまいりまして。
いやぁ、肌に合いませんな。都会の雑踏というものは。
そんなわけにて、何と奇遇にも友人の誕生日という事でして、なけなしの550円をサイゼリアで彼に渡してあげました。
正確には、自身の食した分を差し引いて、出した金額は200円にも満たないといった物ですが……。
気持ちが大事だ、気持ちが。

して、そんな事をやっていたがために、東京から横浜の端まで帰らねばならない自身は終電ぎりぎりの電車を乗り継いでいったわけですよ。
で、久々のすしづめ状態で、すごい物を目の当たりにしてしまったわけです。
混雑する中で、中年男性の携帯が目に入ってきたわけですよ。
そこには、一人の女性の名前がぎっしりなわけですよ。
それを中年の人が一つ一つ確認していくわけですから、自身も一つ一つ確認してしまったわけなのですよ。
えと、簡単に言えば、その女性は不倫相手であり、SM関係であり、私たちは付き合っていて本当に価値があるのだろうか、あなたにとって私と付き合っていることは意味があるのか、といった局面に差し掛かっている、ということです。
ちなみに、その女性は朝青龍のファンらしいです。
やっぱり、大人の世界っていうのはあるものなのですね。
自身もまだまだ子供だと、思い知らされましたわ。
posted by 雑貨売り。 at 03:06| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

台風一過の空だから。

実際には、台風は日本海側を通過していったために強風域にかかっていたというだけのことなのですが。
それでもまぁ、台風一過としておきましょう。
そんな台風一過の後、夕方自動車学校から帰るときに不意に空を見上げたわけですわ。
高い空に走る、薄い白い雲。
それに暖かいオレンジの光を染め、空はなんとも言えない蒼をかもし出し、細い三日月と共に一番星が光りだす。
まさに、そんな感じの上空でしたわ。

残念ながらカメラがなかったため撮影は出来ませんでしたが、本当に感動するくらいきれいな空でしてな。
母が言うからには、あの空の蒼はダヴィンチの最後の晩餐のキリストが着ている服の蒼だ、だそうです。
自身にはよくわかりませんが。
多少でも情景が浮かんだのであれば幸いにございます。
あんな空に出会うことは、このあと幾ばくあるだろうかなぁ。

posted by 雑貨売り。 at 02:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。