2008年10月18日

心の中で叫びたくなることもあったりなかったり。

足を負傷しました。
ストレッチを無駄にやりすぎて内股の筋が「みぢっ」っという音をたてたという、自業自得的な負傷なのですが。
これがまた、歩くのですらかなりおっくうでして。
立っているだけでもなかなかに痛みが襲ってまいります。
安静にしていれば2週間程度で復調すると誰かしらから聞きましたが、果たして安静にできるのでしょうかな……。

そんな最中、久しぶりに他人に殺意を覚えまして。
殺意を覚えること自体まああまりよろしくないことなのですが、実際には殺人を犯していないので、そこのところは何とか許容をしていただきたいかと。
事の起こりは昨日。
高田馬場駅から新宿へ向かい、帰路に着くべく小田急線に乗り込もうとしたときに起こりまして。
『人身事故のため、電車が遅れています』
ホームに響く係員の声とともに、必死で階段を登り終えた自身の目の前には、あふれんばかりの人波がごった返しておりまして。
その波にもまれること約20分、ようやく電車が滑り込んできたのですが。
事故のため遅れたのか何なのか、この滑り込んできた列車に乗らなければ、自身は自宅まで帰ることができないことが判明いたしまして。
痛みを抱える足を動かしながら、何とか列車に乗ったのはいいのですが。
殺意を覚えたのはここからですな。
何とか座席前に立つことができたのですが、自身の目の前にいるオタッキーな風貌の人物が、まるで動かない。
ゲームの数値が書いてあるような本を読みながら、若干ニヤニヤしながら、永遠に目の前の座席から動かない。
自身が痛みに若干顔をしかめている間も、自分のシャツに手を突っ込んで、背中をぼりぼり掻きながら動かない。
結局、自身が降りる駅に着くまで、そいつはずっと自身の目の前に座っておりました。
約1時間以上ですか。
さすがに殺意を覚えたので、この場にて報告させていただきたいと思い至った次第にございます。
愚痴といえば、確かにそのとおりでございます。モウシワケナイ。
posted by 雑貨売り。 at 11:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

十月の空、八月の記憶。

……あれ、いつの間に九月って過ぎていったんだろう。
あ、そうか、あれが九月の記憶だったんだ。
あれ、じゃあ八月はいったい何をやっていたんだ……。

というわけにございまして、どうにもこうにも記憶がはっきりしない日々をすごしてしまっていた雑貨売り。にございます。
大学に入ってからすでに3年と半分が過ぎましたか。
早すぎて目の前をF-1カーが通り過ぎていくかのごとくにございます。
さて、皆様はご存知かどうかはしりませぬが、自身の中では「大学在学中に何かことを成し遂げる」という、なにやらあいまいな目標がございまして。
環境が変わればいろいろ変わるとはよく言いますが、自身もものっそい変わりましたな。
だめな方向に。
前進はしているのかもしれませんが、ありえないくらいスローモーションでの前進ですな。
もっといろいろできることはあるのに、やらないというかなんというか。
いや、やらないだけなのですが。
そんな曇り空の10月、そろそろ必死こいて勝負に出たいと思われます。
……果たして、出られるのでしょうか。
ちなみに今年のおみくじには「願望:努力すれば叶う」と書かれておりました。
努力しないものにはにっちもさっちも行かない内容なので、都合のいい神様にウケるよう、残り少ない今年の時間でせいぜいあがいていきたいと思われます。
posted by 雑貨売り。 at 12:34| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 空想だったり妄想だったり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

食うべきか、食わざるべきか、食うべきか。

体調が悪いが、腹は減っている。
すでに午前1時だが、夕飯を食べていない。
ラーメン屋しかあいていないが、あまりラーメンを食べる気分ではない。

さあそんな時、あなたならどうするっ?!

自身は、さっさと帰って床に就きました。
posted by 雑貨売り。 at 12:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

前を向いて歩けるか否か。

青い空、白い雲と懐かしい海。
そんな毎日を送っていたかどうかは別として、とりあえず日記を一ヶ月も更新しないままだらだらとすごしてまいりました。
その間に、色々と思うこともございまして。
いやぁ、世の中を渡っていくためには色々なものが必要なわけです。
自身にとって、その中のひとつに『証明書』というものがございます。
さて、今回はそんな独り言なのですが。

※ここからはある意味愚痴となります。
 他人の愚痴に付き合っていられるかという方は、早々にお引き上げください。

自身にとっては、証明書というものの必要性がかなり高いです。
それは他人に認められているという証拠であり、必要とされているという証拠であり、お前はそれでいいんだといわれている証拠であり。
そういう物的意味での証明書というものが、自身の中での必要度数がかなり高く存在しているわけです。
その証明書がランクの高いもの(公的に認められていたり、その存在により他人から感嘆の声が上がるようなもの)であればあるほど、自身の中での確固たる骨格になり、骨太な自信となってくれるわけです。
逆を言えば、あまり認知度がなかったり誰でも取れるようなものであれば、自身の中ではあまり意味を成さないわけで。
……そういう証明書を、いまだに手に入れたことがないなぁということに気づきました。
あればどれだけ勇気付けられるのかと思いますが、そんなもんはなかなか手に入らないわけでして。
何度かチャレンジはしてみているものの、一向に取れる気配などないわけでして。
下手をすれば、人生後ろ向きに歩き出してしまいそうですなぁ。
さて、そんな訳で、悲観に打たれてムーンウォークをしている場合でもないので。

これからしっかりと前を向いて歩けるか否か、そろそろ本格的に勝負しなければならないときなのかもしれませんな。
その腹積もりで、これからをすごそうと決めたり決めなかったりです。
posted by 雑貨売り。 at 21:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | めっさかもっさか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

恐怖のオリンピック。

いや、いつの間にか始まっておりますな。
北京オリンピック。
毎日、自宅だろうがバイト先だろうがしっかりと見ておりますよ、ええ。
今まで書き込まなかったのはなぜかというとあれです、シーサーブログが混雑してうまく接続できなかったからです。
帰省ラッシュ張りの回線混雑では、光ではない我が家の弱小回線では割り込むことがなかなかに難しいのです。
まあ、そんなことはおいておいて。

この北京オリンピック、一言で表せば『恐怖』という文字に集約されるものと思われまして。
柔道にしてもバレーにしても体操にしても、負けまいか失敗しまいか、いつもはらはらどきどきの連続にございます。
心臓の悪い方は見られないのではないだろうかというものも多々あります。
なんですか、オリンピックは楽しむものではなく人々に恐怖を植え付けるものなのですか。
そうなるともうホラーですな。
平和の祭典とホラーが結びつくとは、これはまさに新発見ですな。
どこぞの日本ホラー監督様、次回の作品はぜひ『恐怖のオリンピック』でお願いいたします。

……いや、オリンピックがやっている間にも紛争やテロが起きているから、一概に平和の祭典と恐怖は結びついているのかもしれませんな。
posted by 雑貨売り。 at 01:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | やったもん勝ち取ったもん勝ち。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

こんな日も必要ではある。

自身は一週間に0.5回、いや時にはそれより頻度は低くなりますが、ブルー方面へ突っ込む事があります。
受験やら何やらの傷跡なのでしょうか、何もやる気が起きず、だからといって何かをやらなければならないと思っているのですが、結局は何もできず、ずっと悶々としたままボーっとすごす日がありまして。
まさに今日がその日でしたな。
何をやっても、やろうとしても、覇気がなく力なく、ただ内々に沈んでいくばかり。
たまにはこんな日もあります。

しかし、自身はこれをリセットだと思い込むようにしております。

たまには心も休憩したくなる時もあるでしょう。
いつまでもポジティブにいれば疲れるのも必死です。
だから今日はブルーでいいから、沈み込んでてもいいから、沈み込むだけ沈み込んだら、明日また上がってこよう。そういう気持ちになるように心がけております。
果たして次の日が本当に完全浮上となるかといえば、実際はそうでもないのですが。
しかし、こういう日があれば、確かに一段落ついて次の日からはあがっていけるものなのです。昨日よりかはましだと。
そんな訳でリセットの日。
心も体も疲れているあなた、一度気を抜いてゆっくり沈みこんでみる日を作ってみてはいかがでしょうか。
これが言い訳っぽく聞こえているあなたがいるのであれば、それはきっと正しいのでしょうなぁ。
他人を巻き込んで誘うようなものではありませんが、心の整理がつかない方がいるのであれば、参考程度に。
posted by 雑貨売り。 at 02:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めっさかもっさか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

厄日というものはこういうものなのか。

どうも、ほろ酔い気分だった雑貨売り。にございます。
ほろ酔い気分『だった』というのには、いろいろと複雑な問題がからんでまいりまして。

自身は今日、一言で言えば厄日だったでしょう。
起床時間はなぜかすでに午後12時を回っておりすでに一日の半分を棒に振り、授業中には将来のことに焦りや不安を感じさせられ、とそこそこにそこそこな予兆があったわけですが。

本日、ゼミの飲み会がありまして、先生におごられつつ楽しく飲んでいた訳です。
しかし、本日は自身の友人であるはたの君の劇団の公演もあったわけでありまして。
先にゼミ飲みの予定があったために、打ち上げだけ参加すると打診をし、それに参加すべく早めにゼミ飲みを切り上げて東京へと向かったわけです。
ちなみに、その時点で生1杯と冷酒に地酒を飲んでおりました。
正直言うと、まだまだの時点です。こんなので酔うはずがありません。

……こんなはずじゃなかったんです。

横浜線へと乗り込み、長津田で田園都市線へと乗り換え、渋谷へと急ぎ足を向けたのですが、この時点でどうしようもない睡魔に襲われまして。
なんとなく吐き気もしてきて、おかしいなと思いつつしばらく我慢していたのですが、渋谷についた時点でこれはもうだめだと判断しまして。
詫びのメールを入れつつ、渋谷駅で反対側のホームに乗り込み、岐路へとついたわけです。
途中鷺沼駅で目の前の席が空いたため、若干揺れる頭を抱えつつ着席をし、どうせ終点まで乗るのだと、しばらくの間目を閉じていたのです。
どのくらい経ちましたでしょうか、多少気分が楽になってきたところでおもむろに顔を上げ、現在地を確認しようとしたのです。
すると――

『鷺沼』

目の前にそのようなプラットホームの標識が出ておりました。
あれ、おかしいなと思いつつ、しばらく身を固まらせていると、列車の扉が閉まりまして。
自身に対して右方向、渋谷方面へと向けて急行列車が走り始めたわけです。
……終点から折り返されて元の場所に戻ってる!!
いやもう愕然としましたな。
何をやっているんだこの2時間といった感じです。
つまりは、一度終点の中央林間までたどり着き、そこから再び折り返し列車となった白河行きの列車に揺られ、元いた位置まで戻されてしまっていたということです。
車掌さん、起こせや。ふざくんなや。
と、色々といいたいことはあったのですが、相手に言いに行くわけにもいかず自業自得でもあるので結局は何も文句を言うこともできず、次の駅で再び帰りのサラリーマンでひしめく反対側の列車に乗り込み、眠気と酔い気に揺られながら帰宅したというわけです。
ちなみに、そのあと気晴らしに入ったゲームセンターでいろいろとストレスをため、そのストレスを発散すべく行動したら手首から出血があったことを付け加えておきましょう。
うまく行かない日は本当にうまく行かないものですな。

『神様というのはきっと完全無欠に立派で人格者で、強いものにも弱いものにも、お金持ちにも貧乏人にも、ただ平等に見守るだけで決してどちらか一方をえこひいきして手を差しのべるなんてことはしないのだ。なんてありがたいんだろう。死んじゃえ』
とは、自身が最近読んで感銘を受けた小説の一編ですな。
……しんじゃえともいいたくもなりますわ。
posted by 雑貨売り。 at 02:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

インディのジョーンズさん。

暑い中、皆様いかがお過ごしでしょうか。
自身はいつ体力の限界が来て暑さに打ち負けるのか、そんな心配をしてクーラーに頼り始めてしまっている今日この頃です。
そんな訳で、インディ・ジョーンズを見てまいりました。
いやはやなんというか、そのまんまインディ・ジョーンズでしたね。
序盤はいつも通りの展開。しょっぱなからピンチで悪役さんが登場してきます。インディがだいぶ老けて見えます。
中盤は中盤で、「うそんw」のような展開です。これもある意味、いつも通りのインディの展開。冗談の要素あり、アクションありのシーンですな。
終盤は、やはりインディ・ジョーンズ。こういう展開でこういう終わり方になるという、インディ・ジョーンズの模範例のような終わり方でして。
結局のところ何を言いたいかというと、新作とは言えどインディ・ジョーンズはインディ・ジョーンズだったということでしょうか。
いい言い方をすれば変わらない面白さ、悪い言い方をすれば新しいものがなくインディ・ジョーンズの枠に収まっている続編そのままの続編、といったところでしょうな。
新しいものを求めてこの映画を見に行くのであれば、それは若干間違いであると思われます。
ただ、何も考えずに見るのであればいい映画といえなくもなく、往年のファンであるならば、登場キャラクターの係わり合いやその後の後日談的な要素も含まれているので、そちらでも楽しめるでしょう。
個人的には、最後のシーンで少しにやっとしてしまいました。
若干いやらしいシーンが入ってきます。いや、そういう意味のいやらしいではありませんが、確実に狙っただろうというのが見え見えのものがありまして。
自身は、こういうの好きだったりするので一向に構わないのですが。
だらだらと書き連ねていきましたが、世の中には百聞は一見にしかず、という言葉がありまして。
もし気があるようでありましたら、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。
日常の中の非日常は、大切にすべきだと感じるようになってきたということは、自身も子供ではいられなくなってきているということなんでしょうなぁ。
posted by 雑貨売り。 at 01:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

久々にやってまいりました。

Image197.jpgImage200.jpg
夏もいよいよ本番らしいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
自身は海に出てまいりました。
ええ、腕と顔が真っ赤です。いい加減ひりひりしてきました。
と、いうのも、久しぶりに江ノ島に釣りに行きまして。
こちらも久々に名前を書くルパソとともに、午前9時過ぎに江ノ島へと到着いたしました。
前回行った時はまったくうんともすんとも言わず、江ノ島の生態系が瓦解してしまったのではないかとルパソと話しておりまして、今回もそうならないように祈っていたのですが。
いや、これが釣れるのなんの。

ヒトデばっかりでしたが。

最初はルパソが白ギスをヒットさせ、自身も十分な手ごたえとともに白ギスをヒットし、上々の滑り出しだったのです。
しかし、しばらく竿を置いて放置すると、あっという間に餌がヒトデに食われ、ひどい時には星三つの三連帯となって襲い掛かってまいりまして。
結果、ヒトデは10匹以上かかりましたな。
以前はやたらと餌に食いつき針ごと仕掛けを切っていった草ふぐが問題でしたが、彼らが今日まったく現れず、逆にヒトデが大量につれたという事実に不安を覚え始めている昨今です。
上の写真は自身の釣果です。
キス一匹に、舌平目一匹。タバコは自身のものではなく近場にいたおっちゃんのです。
他にもヒイラギが何匹かかかりましたが、すべて逃がしました。
ルパソはこれの舌平目がないバージョンです。
家でおいしくいただきました。日焼けがひりつく夏の思い出、プライスレス。
posted by 雑貨売り。 at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | やったもん勝ち取ったもん勝ち。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

事後報告。

本日というか昨日は、7月7日でしたな。
織姫と彦星は一年ぶりに顔を合わせ、お互いにあんなことやそんなことを語り合っていることでしょう。
大体が地上からの理不尽な願い事に対する不平不満の話になると思いますが。

さて、事後報告にございます。
結局、先週および先々週は舞台を4つも見てしまいまして。
ついでに三谷幸喜監督の映画『マジック・アワー』も見てまいりました。
いや、これがなかなか。
特にコクーン歌舞伎とマジック・アワーは大変満足のいくものとなりました。
しかし、全体的に面白かったと総括できますが、裏を返せばその分出費がかさんだということにございまして。
料金、交通費とあわせると、思い出プライスレスなんて言ってられない額にはなってしまいまして。
借金とあわせて、先月のバイト代が吹っ飛んでいきました。
致し方ないといえば致し方ないのですがね。
空から諭吉さんが降ってきてくれることを切に願う今日この頃です。
織姫さん彦星さん、降らせてくれませんか。7日が過ぎてるかダメですかそうですか。

事後報告といえば、こんな事後報告もあります。
昔、近所の川にあった『ねずちゃんのおはか』と彫られた石を、石投げ遊びをしていて気づかずに川に投げ込もうとしたのは自身です。
投げる前に気がついたのですが、すでに石がどこにあったかがわからず、適当にそこらへんにおいて逃げました。
小学校のころの話ですが、この場を借りて謝罪させていただきます。
posted by 雑貨売り。 at 01:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めっさかもっさか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。