2007年12月25日

クリスマスではございますが。

ご無沙汰しております。
クリスマスに自身がここまで長いこと起きているというのは滅多にないことでして。
今年はサンタのお爺様もプレゼントを枕元には置いていってくれないでしょう。
いや、去年も置いては行かれませんでしたが。

さてさて、自身が小説を書き上げなくなって幾ばくかの時間が過ぎようとしております。
本来であるならばもっと書かねばならないのですが、指が走らないというか、没頭できる時間がないというか。
決して本分を忘れたわけではないのですが、うまくまとまらないというのが実感にございます。
しかし、小説は無駄に読んでおりまして。偏ってはございますが。
現状をマイナスに捉えるのではなく、充電期間が過ぎて放電中に入っていると自分で信じ込むようにしております。
恐らくここを過ぎて適正の状態になれば、怒涛のように筆を走らせることが出来ると信じております。というか、やらねば。
そんなわけにて、HPの方はいまだ更新されぬままですが、まだ待っているという方がいらっしゃるのであれば、チョウザメの卵でもすすりながらお待ちくださいませ。
期待にそえるものかどうかはわかりませぬが、そのうちに、しっかりとした作品をまた載せていきたいと思います。
ふがいない自身ですが、メリークリスマス。
posted by 雑貨売り。 at 03:04| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

やりたい事というものは。

時間のあるときになぜかやらないものですな。
あれもこれもやりたかったのに……。
さて、木枯らし吹きすさぶこの季節、皆様いかがお過ごしでございましょうか。
自身はモンティパイソンの予想以上の毒の強さにイギリスコメディの恐ろしさを感じつつも、何とか生き延びております。

話は飛んで、週間少年ジャンプの話となるのですが。
自身は幼年の頃から兄弟の影響によりジャンプとマガジンを購読しており、その費用を抑えれば一ヶ月間どれだけのお金が浮くのであろうかといった状況なのですが、それはとりあえず置いておいて。
そのジャンプで、毎度毎度どうなんだろうと言う現象が起こりまして。

打ち切り、と言う現象にございます。

しかもそれが本当につまらなくて打ち切りなら致し方ないと思われるのですが、そうで無い場合の、良質な漫画が打ち切られる場合が多々あるのです。
恐らくは新連載を始めるために枠をあけなければならず、やむを得ず当たり障りのなさそうなマンガを終わらせる、と言う手段にでているのでしょうが、どうも自身にはその終わらせる選択が間違っているとしか思えないのですわ。
ストーリーも半ばも半ば、これから盛り上がりそう、それまでの話の展開もまとまっていて面白い、しかしながらキャラやぶっ飛んだ展開に頼っていないために大ファンと言うファンがつかないによって人気が目に見えては見えない。
そして、本当に中途半端なところで、無理矢理編集によって終わらされてしまう。
そんなマンガがいったい今まで幾つ潰されてきたのだろうか。
そういう良質なマンガがつぶれるのであるのならば、キャラに走って人気だけでつないでいるようなマンガや、マンネリ化して同じようなことを繰り返しているマンガを綺麗に結論まで連載して終わらせた方がどれだけいいことか。
そんなことを思ってしまう今日この頃なわけです。
……どうでもいい話といえばどうでもいい話ですがね。
酒に酔った勢いで、と言うことにして置いてくださいませ。
posted by 雑貨売り。 at 01:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

コタツが出ました。

ついに今年も、この季節がやってまいりました。
コタツ開設です。
いやもう、日本の冬といったらこれでしょうな。
突然の気温低下により自身の身辺も色々と動揺が広がっていたのですが、これにて万事解決しそうでございます。
ビバコタツ。ありがとうコタツ。
これからコタツで過ごす日々が多くなり、もはや亀となる日も近いでしょう。

しかし、コタツで寝ると頭が痛くなると言うのが……
posted by 雑貨売り。 at 03:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

念願かなう。

よもやこの様な形で念願がかなうとは……。
自身は以前から『モンティ・パイソン』なるコメディーを見たくて見たくて仕方がなかったのです。
このコメディーはもはや伝説とも言われ、自身と感性の合う人は一様に最高だったと告げてくるのです。
しかし、自身がさりげなくツタヤやゲオなどのレンタル店を探しても見つからず、噂を聞いてからはや数年、たまにテレビで放送されるワンカットだけを見てはやきもきする状況が続いておりまして。
しかし、世の中わからんものですな。

本日の授業で、講師が教材としてモンティ・パイソンを持ってまいりました。

めぐりめぐって、まさかここでお目にかかるとはと言った感じでしたね。
序盤の2つのコントしか見ていないのですが、いやこれはスバラシイ。
恐らく自身はミスタービーンなんかよりこっちの方が大好きでしょう。いや、この時点でいい切れます。大好きです。
そんなわけにて、講師にビデオを借りれるかと聞いたところ、大量に確保しているらしく順番に貸してくれるとのこと。
とりあえず手元に『空飛ぶモンティパイソン』を確保しながら、次なる作品をまちぼうける日々をすごしたいと思う所存にございます。
posted by 雑貨売り。 at 02:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

ネタの為に授業を休む。

ネタ作りのために本日授業をボイコットしました。
えー、本日演習の発表があったはずの自身と同じ班だった皆様、面目ないです。
頭がぐるぐるしていて正常な判断ができませんでした。申し訳ない。
皆様のことですからきっと乗り切ってくれただろうと思い込むことにします。
来週、チロルチョコをお詫びとしてもって行きますので、なにとぞ。

さてさて、そんなわけにて、津田塾祭でございます。
自身の所属しているパントマイムサークルは毎年、津田塾大学の学園祭にゲストとしてお呼ばれしております。
まあ津田塾大学自体小規模な大学のため、学園祭も小規模なものでございますが。
そこの中庭ステージで、今年もパントマイムをやらせて頂きます。
なんと、不評だった一昨年のステージを省みず、自身のソロネタが演目に入ってしまいまして。
そんな訳で、ずっとネタであたふたしておりました。
何とかなったと信じつつ、今年も頑張らさせていただきます。
ちなみに、お師匠さんからかけられた励ましは『会場の空気がしらけきってもやるべき事をやってください』のような事でした。
そんな自身の醜態をご覧になりたいかたはぜひとも津田塾祭へ。
お待ちしております。
posted by 雑貨売り。 at 01:57| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | やったもん勝ち取ったもん勝ち。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

続きまして。

津田塾祭の時期にございます。
えー、何の因果か、自身のソロネタをソロで行うこととなりまして……。
自身のネタと言えば引き笑いを引き起こす受身の受身による受身なパフォーマンスなのですが、それについてパントマイムのテクニックとか詳細な分析とかを指摘されると気恥ずかしくて仕方ないのです。

だって、ぶっちゃけ何もないのですもの。

そんな訳で、津田塾祭に向けて絶賛ダメだしされ中です。
もう、心の中に木枯らし一号が吹き抜けていくのがわかります。
このネタわからないよ、どうしてこういう風になったの、落ちとかが理解できないんだけど、etc……
まあ、頑張ってまいりますよ、はい。
周りを楽しませ、自分も楽しむ。初心忘れるべからず。
小説の方もそろそろ書きたいなぁ。書かなきゃ。義務にならない程度に。
posted by 雑貨売り。 at 01:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当に申し訳ない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

早稲田祭絶賛実施中。

というわけで、久しぶりの日記で唐突に言うのもあれですが。
早稲田祭が執り行われております。
ものっそい人だかりです。もう波です。人波などではなく人津波です。
そんな中、自身はパントマイムサークルでの路上パフォーマンスを行っております。
場所は演劇博物館前。
早稲田にお越しのさいはぜひお立ち寄りを。
損はさせませぬ。
そんな告知にございました。その他事柄はまた後日。
posted by 雑貨売り。 at 22:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | やったもん勝ち取ったもん勝ち。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

カミュの物語。

カミュは秋葉原をさまよいながら考えていた。
果たして、自分はこのままでいいのだろうか。
確かに、はるかな旅路を越えてこうして由紀と会えた。
それどころか、共に手をつないでデートまで行っている。
しかし、それでいいのだろうか。
イギリスを追われる様にして旅立ち、オーストラリアでカンガルーと戯れ、いかだ一つに乗り込み漂流し、衣服を失い、トランクス一丁で日本に上陸し、京都で鹿と抗争を繰り広げた後に金閣寺へと上り、鹿の攻撃でまい散る金箔に日本の美を見出した。
そんな日々が、今、自分の身を唯一覆っているトランクスの染みに滲み出てくるかのようだ。
自分は、恐らく幸せだろう。
しかし、これでいいのかだろうか。
そしてカミュは漕ぎ出した。由紀を残して。新たなる旅路へと。
トランクス一丁の姿を夕日に照らし出しながら……。

こんなことを舞台裏でやりつつ、先日までの舞台を乗り切っておりました。
いやいや、はっちゃん。色々と迷惑かけたさ。
君ならもっとできる。頑張ってくれたまえ。
そんな訳で、自身も日常の生活へと戻れたかというと、実はそうでもありませんで。
来週には早稲田祭でのパフォーマンスが控えており、今週も用事が詰まっており、なかなか休まる暇がありませんで。
いいことなのだろうか、悪いことなのだろうか。
とりあえず、しばらくはまだ文章を書ける状況にはありませんで……。
書きたい物いっぱいあるのですがねぇ。
そんなわけにて、構想だけ練りつつ。近いうちに、必ずや。
とりあえず今やることをガンバラセテイタダキマス。
posted by 雑貨売り。 at 01:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | めっさかもっさか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

佳境。

実は今、自身は演劇の稽古の真っ只中だったりします。
そして実は、木金土と本番公演だったりします。
いや、やばいですよ。
色々ありましたが、色々やばいです。
リーディングだと思い込んでいたりだとか意識がしっかりしていなかったとか瀬谷区があったとか、そんないいわけはいくらでもありますが。
まずいです。
周りの皆様に迷惑をかけるだけの事はしてなりませぬからな。
そんな訳で、がんばっております。
まだまだできるはず。まだまだ力を出せるはず。
そう思いこんで入るのですがね……。難しいものです。
そんな奇特な人間を見てみてもいいという方はこちらへ。
劇団820製作所。
自身のほかは皆様しっかりとした演劇人なので、やってくれるはずです。
興味があれば、いらしてくださいませ。
posted by 雑貨売り。 at 02:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めっさかもっさか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

三陽と言う店。

横浜は野毛地区に、三陽と言う店がございます。
本日、稽古帰りにみんなでいってまいりまして。
約一名を除いて全員が初体験の店だったのですが、これがまあ汚い。
昔ながらのボロボロの店構え、コップや皿は油ギトギトで清潔感がなく、店内も狭い。
合計7名で向かったため、半分路上に飛び出しての食事会となりまして。
店にうかがうと同時に『何人だい?』と、厨房の窓から顔を出すおやっさんに聞かれ、『7人です』と答えると『じゃあ餃子6人前にねぎ鳥3人前にナントカ三人前にビール3本だな!!』と注文する間もなくおやっさんがオーダーを決定。
自身は本当はラーメンを食したかったのですが、そんなものお構いなしにおやっさんは調理に取り掛かりまして。
いや、これが大変おいしゅうございました。
餃子はにんにくがきいてジューシーであり、ねぎ鳥は甘辛く香ばしく焼かれた鶏肉ブロックとネギとたれの絶妙なバランスであり、なんか商品名がわからないネギと肉の炒め物はピリッとしていておいしくあり。
いやいや、ビールがすすんでしまいました。
曰く、おやっさんは誰が何を食べたいかがわかるから自分でオーダーを決めて勝手に支給するそうですが、あながち間違っていないかもしれませんな。
さて、この店には麺類もあるのですが、その名前がまたひどいものでして。
『ちんちんラーメン』『ぼうぼうラーメン』『ちょめちょめラーメン』
こんなのに売り文句として『楊貴妃もびっくり!』だの何だのついていればいかがわしさ抜群でしょう。
ちなみに、我々は『ちょめちょめラーメン』をオーダーしてみまして。
これがこしょうが効いていてうまい。なんなんでしょうな、あの店は。
そんなわけにて、横浜にお勧めスポットが追加されました。
野毛地区の野毛小道付近にあるいかがわしい中華料理屋『三陽』。
『毛沢東』やら『楊貴妃』やら訳のわからない文章が目印となっております。
そこのあなたも、桜木町までやってきたのであるならば、是非に。
posted by 雑貨売り。 at 00:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなのありまして。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。